青竹のふし 「kintone」クリニック

「kintone」クリニック

Vol.6 「介護サービス」事業で活躍するkintoneの使い方

445 views
約 3 分

恋する時間、もらっていいですか?

介護業界に就職して「恋」できるだろうか?

高校卒業して、介護の学校にいってたくさん勉強した。
就職して、夜勤も不規則な勤務にも慣れてきたけど、仕事が楽しくなかったりプライベートが充実していなかったり。

膨大な記録業務や監査の為だけの無駄な作業。
自分がやりたい介護ってこんなだっけ? 介護のしごと、やめよっかな。

若い方が就職しても、技術やノウハウが蓄積せずに属人化した作業の積み重ねがあるだけ。そんな業界に魅力はあるだろうか?
では、どうやったら働きやすく前に進むような積み重ねができるんでしょうか?

青竹のふしが企画運営するkintoneクリニックには、答えがあります。

恋する時間がないほどに忙しい。閉ざされた労働環境は、人間にとてもストレスを与えてしまいます。
社会から中身が見えない状態で、離職者も多く超高齢社会を迎える日本では、労働者不足や社会資源不足などから急務になる分野と言えるでしょう。

提供する側がパソコンを使えない、機械に弱い。
それはあるでしょう。でも、それでこれから先を支えられるでしょうか?今、僕たちが次の世代に残していかなければならないことは何でしょう?
介護保険制度が始まって、かなりの年月が経とうとしています。コムスンの崩壊や大手企業の撤退があったり、労働者による事件や、老々介護による痛ましい事件もあります。

今、青竹のふしではこれらの課題に挑戦しようとしています。
また、タッチパッドを使った変換ツールや、今のヘルパーさんがすぐ使える、っていうような現時点での解決ではなく、数年先まで見たシステム開発を考えています。
事業所、組織がこれから生き残っていくために必要なことは、人材確保です。
より良い人材をどれだけ確保できるかがが、地域で勝ち残れる必須事項となることは間違い無いでしょう。

派遣でもなく、間に合わせの人材でもなく、法人や組織の長が持っている理念を、しっかりと感じ働きやすい労働環境が人材を育てていくでしょう。
この分野におけるシステム開発は、単にレセプトを容易に行うことや安く請求するためのツールではなく、

介護系の市販ソフトウェアではできないアプリ開発とは?

ちょっとまって! そのExcel、kintoneで出来ちゃうよ?

もうワードやExcelでの販促チラシを作るのはおしまいな時代

介護系事業における「高品質」ってなんなんだ?

人が足らない!! リクルート業務にもってこいのkintone

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)