青竹のふし 「kintone」クリニック

「kintone」クリニック

kintoneクリニックとは?

kintoneクリニックとは?

サイボウズ株式会社が開発、販売するkintoneを利用して医療・福祉・介護・保育の4領域に対して情報共有や業務の効率化を図ったシステムの利用方法や業務改善の方法を提供したり、各法人様に適したシステム開発、業務改善の支援を行うセミナー形式のアジャイル開発支援をいいます。
kinotneクリニックで提供する内容は、青竹のふし代表で作業療法士の青山敬三郎が作り上げたアプリケーションを軸に、システムを利用することで生まれる「業務改善」までの道のりを示し、豊かさということを再認識することに意味を持っています。

kintoneとは?

インターネット上で利用できるクラウドサービスで、ミドルウェアとして利用できるプラットフォームです。
今までは、パソコンにインストールして利用するようなワードやエクセルといったツールが主流できたが、それらがパソコンやスマホ、それらの端末にインストールすることなく、どこからでも利用できるサービスで、エクセルのような計算や作業の手順を段階付したり、メールやチャットのようにコメントをやり取りできる汎用性の高いシステムです。
kintone自体は、プラットフォームとして位置づけられており、使用するチームや組織、仕事内容などに応じて様々に作り変えて利用することができ、簡単に開発もカスタマイズもできる日本の企業が開発した世界で利用できるクラウドシステムです。

少しの知識やアイデアがあれば、システム開発の知識がなくてもアプリケーションを作成することができ、作り上げたアプリケーションをすぐにスマートフォンで利用したりすることもできるファストなシステム開発ウェアであり、中小企業はじめ、大手企業でも採用され始めています。
また、クラウドサービスであることから他の様々なクラウドサービスと連携して利用することができ、その可能性は大きく広がっており世界的にも注目が集まっています。

作れるといっても時間がかかる。

簡単に作れるといっても、アプリを作り込んだり、そのアプリを浸透させていくには時間と技術がかかります。また適切な利用状態にまで持っていくにはそれなりの人材が必要であり、kintone単体を導入したからといって業務がいきなり改善できるわけではありません。
青竹のふしでは、自らがその歩んできた道のりを展開することで、この浸透する速度を速めることができ、業務改善へのロードマップ到達までの期間を短縮させることで、
サービスを利用される方も、提供している働く方々も豊かになるであろうと考えています。

そこで、今までに作り上げたアプリケーションを利用してイメージづけていただけるように本サイトを運営して、またセミナーを開催していくことで普及促進を図り、必要な場合には支援を行える体制を用意しています。

サービスには次の種類があります。

・無料セミナー
・有料セミナー
・アプリケーションの提供(無償含む)
・kintoneを利用したシステム、業務改善のアジャイル開発支援

また、kintone販売パートナー様を通じたサービス提供も行っており、日本全国で対応できる事業者様をご紹介しております。